個人再生の依頼費用を知って依頼しよう【将来性を考えると大きい】

自分で行うことができるが

スーツの女性

弁護士に相談した方が最適

個人再生の手続きは、借金返済がどうしても無理になった人が裁判所に申し立てをして全債権者から抱えている借金の総額を減額して、減額された借金を原則3年以内に完済できるように返済計画を組み直す手続きす。再生計画案を提出し債権者の意見を聞いたうえで裁判所が認めれば、再生案認可となり、その再生計画案通り返済を完了することで、残りの債務の支払いは免除される手続きです。個人再生は、弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼をしてもらう方がほとんどなのですが、自分でも行うことができます。自分で行った場合、弁護士費用や司法書士費用を支払わなくていいので、裁判所の申し立て費用だけになります。弁護士に個人再生を依頼すると40万円〜80万円の費用がかかってしまうので、高額な債務整理の手続きなのですが、自分で行うと地方裁判所によって異なりますが20万円程度の費用で済ませることができます。ところが、個人再生の手続きは自分で行うと申立人本人が主体となって動く必要があります。個人再生の申し立てを行うと、再生委員が選任されますが、この方たちはあくまで客観的な立場で監視するだけで、再生計画案を立てるのを手伝ってくれるというわけではないのです。また、裁判所から決められた期限内に書類を提出する必要もあり、仕事をしながら手続きを進めていくには非常に困難です。書類には、財産目録、精算価値算出シート、可処分所得算出シートなど様々な書類があり、はじめtねお人はまずどんな書類かから理解してく必要がありとても時間があります。弁護士に依頼すれば、必要な書類の収集や債権者との交渉を本人に代わり行ってくれます。

Copyright© 2018 個人再生の依頼費用を知って依頼しよう【将来性を考えると大きい】 All Rights Reserved.