個人再生の依頼費用を知って依頼しよう【将来性を考えると大きい】

借金返済で困っている方

弁護士

弁護士報酬について

任意整理以上に減額効果の高い債務整理に個人再生があります。個人再生をお勧めしたい人は、住宅ローンがまだ残っており自宅は処分せずに整理したい、自己破産だと自分の現在している仕事は職業制限に該当してしまうため仕事ができなくなるので自己破産は避けたい、処分されたくない財産がある、自己破産だと免責不可事由に該当するので選択できない、任意整理では減額後の借金でも高額過ぎて返済が到底難しい、といった方に向いています。個人再生であれば、借金総額を大幅に減額でき最大10分の1まで減らせ、職業制限がないので今の仕事をそのまま続けれら、住宅など生活に必要な財産は処分せず維持したまま整理することができます。個人再生は手続きも複雑で法的知識も必要なので弁護士に依頼することを裁判所でお推奨しています。その場合の弁護士費用ですが、着手金と成功報酬金の費用がかかります。着手金は依頼した時点でかかるお金ですが、住宅資金特別条項を利用しない場合30万円程度、利用する場合は40万円程度、自営業者の方はそれぞれにプラス10万円程度かかります。成功報酬ですが、個人再生手続きを行い再生計画案が認可されれば、10万円〜15万円程度の成功報酬費用が発生します。さらにその他にも弁護士費用以外に裁判所費用がかかります。個人再生申し立てでかかる費用は、収入印紙代、切手代、引継ぎ予納代、官報公告費用です。個人再生委員への報酬もありますが、裁判所にって選任されるかどうかは異なりますので事前に確認が必要です。

Copyright© 2018 個人再生の依頼費用を知って依頼しよう【将来性を考えると大きい】 All Rights Reserved.