個人再生の依頼費用を知って依頼しよう【将来性を考えると大きい】

スーツの女性

自分で行うことができるが

個人再生の手続きは、弁護士や司法書士に依頼せず自分で行うことができます。費用はかからないのですが、申立人が主体になって書類を収集したり作成、期限内に提出する必要があり、仕事をしながら行うのは困難です。弁護士に依頼することで代行してもらえます。

ジャッジガベル

裁判所申立てにかかるお金

個人再生の手続きを行うと弁護士費用の支払い以外に、裁判所での申立て費用がかかります。印紙代や切手代、官報掲載費用のほかに、個人再生委員が選任されますので、個人再生委員への報酬が約15万円ほどかかります。

弁護士バッジ

必要書類が多く手続が複雑

個人再生は、任意整理と比べると手続きにかかる時間が長く弁護士の拘束時間も長くなるので費用が高額です。40万円〜60万円が相場となっています。どれぐらい減額できるかは弁護士によってあまり差が付かない手続きですが、信頼できるかどうか経験豊富かが選ぶポイントです。

弁護士

借金返済で困っている方

個人再生をお勧めしたい人は、マイホームを手放したくない、自己破産だと仕事ができなくなる、任意整理では減額しても借金が高額過ぎて返済ができない人です。個人再生は裁判所に申し立てて行いますが、手続きが複雑なので費用はかかりますが弁護士に依頼することを推奨しています。

説明

借金問題と弁護士への相談

弁護士に個人再生を依頼するなら、債務整理に強い弁護士を探すことが大切です。費用が気になることは多いですが、最初に料金体系をしっかりと確認しておくと良いでしょう。そうすれば納得して依頼できます。ちなみに費用の内訳は、裁判所への支払いや着手金、成功報酬など色々あります。

個人が再出発するためには

説明

オススメ情報とは

個人再生という言葉があります。その意味をご存知でしょうか。これは、個人の債務を減額して、救済するための方法です。それには先ず、弁護士に依頼しますが、費用はいくらかかるのでしょうか。着手金というのがかかり、大体40万〜60万の間だそうです。そして、報酬金というのが発生します。これが、15万程度になります。ご自身の債務額を視野に入れて検討した方が良さそうですね。さて、そんな個人再生のメリットとはどのようなものなのでしょうか。同じようなもので、自己破産がありますが、これを選ぶより個人再生の方が、将来への希望があると言えます。何故なら、個人再生の場合は個人の財産を全て手放さなくてもいいからです。他に個人再生のメリットとして、債務額が減額され5分の1になるというのがポイントです。弁護士への費用はかかりますが、それを行うメリットは、将来性を考えると大きいのではないでしょうか。社会的な信用はまだある状態ですので、働きながら費用を返済していくことができるなら、弁護士への費用は必要経費と言えます。返済するにあたり、3〜4年がめどになるということです。このように個人再生には、いくつかのメリットがあります。個人の債務を返済するなら、大きな視野に立ち個人再生という方法もあるということを考えたいところですね。自己破産を決断する前にちょっと立ち止まって個人再生を考えてみるときっと、あなたの役に立つことでしょう。

Copyright© 2018 個人再生の依頼費用を知って依頼しよう【将来性を考えると大きい】 All Rights Reserved.